ヒキツグモノ、サリユクモノ。

その存在感は、まるで私たちを包み込むかのようにやさしかった。
f0311082_11242466.jpg
「なぜそれを撮りに行くのか?」と人は問う。
―「『それ』を撮りに行くんじゃないんです。『伊丹のそれ』を撮りに行くんです。」
f0311082_11271022.jpg
その離陸は、とても美しく、見るものすべてを魅了するかのようであった。
f0311082_11290093.jpg
人が無意識にそれにカメラを向ける理由。
それが、長年にわたって愛されてきたものだから。
f0311082_11301937.jpg
それはまた一つ、着実に役目を終えていく。
これからの空を担う機体たちに、期待を寄せながら。
f0311082_11315925.jpg
サヨナラ、ジャンボ。
伊丹に来てくれて、ありがとう。
僕たちは君の『雄姿』を、決して忘れない。
f0311082_11431275.jpg

[PR]
by hnditmkcz | 2014-01-26 11:44 | ジョニー | Comments(0)
<< W1の衝撃 たくさんの夢を乗せて >>