飛行機の大きさが実感できる空港

ジョニーです。ご無沙汰しております。
まだ6月だというのにこの暑さ…今年の夏はどうなってしまうのでしょうか…!?
皆さん、熱中症にはくれぐれもご注意くださいね。

さて、今日は久々に高知空港(KCZ)に関する記事です。
KCZは1Fが到着ロビー、2Fが出発ロビーになっていて、その上の3Fに展望デッキがあります。
以前まではデッキに行くのにお金が必要だったのですが、数年前に無料となりました。
もともと人口が少ない?ので、デッキにはあまり人がいません。
1人もいないということも珍しくありません…w

撮影環境ですが、デッキには残念ながら金網式のフェンスが立っていて、容易に撮影はできません。羽田のようなワイヤー式ではないんですねぇ。
ところどころにレンズ用の穴もあるのですが、そう多くはないので構図は固定化されてしまいます。
ただ、エプロンとの距離が非常に近く、駐機中の小型機も200㎜もあれば十分に寄った写真が撮れるところはいいところ。
f0311082_14573894.jpg
f0311082_15014866.jpg
f0311082_14591097.jpg
1枚目のB7の写真、焦点距離は200㎜もありません。近いでしょう?
機体の近さが実感できるのがうちの空港の魅力でしょうか。

外周にもいいところがあります。
RWY32の延長線上、物部川の堤防は32に降りる航空機との距離が非常に近く、スリル満点です。
迫力のある写真も撮れること間違いなし!
ただ、外周にも欠点があるように僕には思います。
それは、空港の南西方向、滑走路と平行に伸びる雑草地帯。
空港が所有している土地なんですが、全く手つかずの状態です。
ここを整備して公園を作れば、離発着の航空機の撮影が楽しめるだろうに…。
f0311082_15142942.jpg
こんな風に寄った写真も撮れるでしょうに。(写真は伊丹スカイパークで撮影したもの)
まぁ、人口が少ない県故の理由なんでしょうかね…。

と、いうことで、まとめますと、
【KCZで撮影するなら、機体の大きさが実感できるデッキと物部川堤防で撮るべし!】
トラフィックもそんなに恵まれていない空港ではありますが、ぜひ遊びに来てください。

~お知らせ~
DJ bark's shot barの公式ツイッターが完成!
ブログの更新情報やメンバーの個人ブログの情報、
さらにはメンバーのちょっとしたつぶやきを順次更新中です!
皆さん、フォローよろしくお願いします♪
[フォローはこちらから]
[PR]
by hnditmkcz | 2014-06-07 19:00 | ジョニー | Comments(0)
<< フリーポート香港 ブルーインパルスが飛んだ国立競... >>