カテゴリ:ぶるつり( 14 )

悪天候下でも快適(?)な撮影!


どーもお久しぶりのぶるつりです。大学生もやっぱり暇じゃないですねぇ(しみじみ
さて、これからはカメラの大敵である「湿度」が猛威をふるう梅雨に突入しました。湿度が高いという事は当然雨もよく降りますし、雨もまたカメラの天敵ですね。
こんな時でも撮影したいそこのあなた!今回は悪天候下でも(まだ)快適な撮影する方法をいくつか紹介したいと思います。

①屋根付きデッキ
f0311082_18220344.jpg
(かなり補正を掛けていますが、視界劣悪の台風強風域時の写真です。)
これはもう王道中の王道でしょう。傘がいらないし機材もぬれない、列車の切符や航空券も濡れません。しかし、上の写真の時のように横殴りで降られては選択肢が狭まりますし、何より屋根の端近くや最前列で撮影中に突風とともに雨が来てはたまったもんではありません。屋根付きデッキで撮影する際は雨量や風の強さに十分注意する必要があります。


②屋根付きガラス張りデッキ
f0311082_19004421.jpg
②最大の問題?そりゃ屋根付きガラス張りデッキのある空港が全然ないことですね(そうじゃない)。ここの利点は完全に雨風に雪を防げる、この一点に尽きます。逆に夜間や後ろに明るいものがある時はガラスが映りこみますので対策が必要になります。

③完全装備でデッキや外周に飛び出す。
f0311082_19154037.jpg

f0311082_18210169.jpg
このタイプを選択する方はよっぽど頭のネジが飛んでいますね(注:私もです)。雨合羽を着て、カメラにフードを被せて飛び出していく様はまさに勇者!
この方法もメリットはまず撮影地はガラガラです、まず邪魔が居ません。そんな環境が風雨対策をするだけで手に入るんですから安いもんですね。デメリットとしては、周りの人から白い目で見られたり、対策が甘いと機材がお釈迦になる事でしょうか。

④こんな時は危険です、帰宅しましょう

f0311082_18225436.jpg
f0311082_18232014.jpg
f0311082_18231042.jpg
このように、機体が見えなくなるほどに天候が悪化する前に帰りましょう。

f0311082_18233172.jpg
こんな状態(展望デッキ閉鎖措置)になるまで外で撮影していても何も撮れません、撮れませんでした。そのかわり交通手段全滅で帰れず、翌日風邪をひきました・・・


こんなものですかね、これからの季節の撮影の一助となれば幸いです。

では


[PR]
by hnditmkcz | 2015-06-19 15:56 | ぶるつり | Comments(0)

姫路にもブルーインパルス!?

おひさしぶりです。
今回は姫路城(通称白鷺城)の修復完了記念式典に合わせて飛んだブルーインパルスを撮影して来ました。
f0311082_13461624.jpg
さすが全国のブルー、お城好きが集まるだけに姫路城前公園~姫路駅は人でいっぱいです。

f0311082_13464248.jpg
時間はわずか10分、長いようで短いです。


f0311082_13465622.jpg
意外と高度が高かったため途中からは城そっちのけに・・・

f0311082_1347819.jpg

f0311082_1347228.jpg
でも思い出したようにいい具合の場所を飛んでくれます。

f0311082_13473844.jpg

f0311082_1347529.jpg
大技「サクラ」
28mmじゃ入り切りませんがな(汗
f0311082_17301922.jpg
終了後にもう一度上空を通過して出発基地の岐阜に帰っていきました。





[PR]
by hnditmkcz | 2015-04-05 17:36 | ぶるつり | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか? ~最終回失敗編~

なんと言う事でしょう、気が付いたら9か月も経っているではありませんか。

最終回である失敗編ですが、要は

f0311082_22115783.jpg

引くタイミングを間違えても

f0311082_22193891.jpg

焦ってピンボケに気づかないで撮ってしまっても

f0311082_22281580.jpg

流すことを意識し過ぎて背景と構図でやらかしてしまっても


いいんです。失敗をいっぱいしてるうちにうまくなるんです!(たぶん

これにて長々続いたこのシリーズもおしまいです。次?そんな先のことはわからない


では


[PR]
by hnditmkcz | 2015-03-15 22:32 | ぶるつり | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか? ~1学期3講目~

おはようございます?こんにちは?こんばんは? ぶるつりです。

さて今回は「流し撮り、始めませんか? ~1学期3講目~」です。

では前回のおさらい

・ピントを指定点AFとかでしっかり合わせとく
・ファインダー内の対象物が動かないようにしっかり構える
・気合い
でしたね。
 
さぁ3講目は
「LED表示器を切らない(横線が入らない)ためにシャッタースピードを落とした時の工夫」

これはもうあれですよね…日中のLED車をきれいに撮るには避けては通れません。LED重視でSS下げすぎるとブレるし白飛びするし、かといってSSを上げるとどこ行きのなんという種別を撮影したかわからない。

対処法としては2つ
・SSを落とす代わりにF値を上げる(絞る)
・SSを落としてEVを下げて撮る
のどちらかになります。

写真見てみましょう
f0311082_16230612.jpg
①東急東横線綱島駅 SS1/40 F8.0

f0311082_16195821.jpg
②東急東横線祐天寺駅 SS1/80 F4.5 EV+0.3

f0311082_16164014.jpg
③東急目黒線新丸子駅 SS1/100 F7.1

f0311082_17573315.jpg
④東急東横線武蔵小杉駅 SS1/60 F18 EV-0.3

f0311082_19175501.jpg
⑤東急東横線大倉山駅 SS1/60 F5.6 

f0311082_19144383.jpg
⑥JR東日本埼京線(山手貨物線)新宿駅 SS1/30 F22 EV-0.3


~まとめ~

どの写真もいままでとおなじくピントを合わせる事に集中しています。特に②のように雪や雨が降っている時はピントが持って行かれないようにより一層注意が必要です。

ちなみにLEDが切れてしまうSSは車両ごとに違っていて
東急5000シリーズ=SS1/125
あとは覚えてない

古い車両やLEDケチった車両だとSS1/60とかいう悲惨なことになるので注意!

第3回はここまで!次回最終回のテーマは「失 敗」です、お楽しみに~







[PR]
by hnditmkcz | 2014-06-16 15:06 | ぶるつり | Comments(0)

ブルーインパルスが飛んだ国立競技場! ~また6年後、同じ空で~

2014年5月31日、国立競技場最後の日に1964年以来となるブルーインパルスが帰ってきた。



17時35分 「来たぞ!ブルー来たぞ!」その一言で一目見ようと来ていた人たちの視線が同じ方向へそそがれる…
f0311082_22012211.jpg
来た、1分の狂いもなく堂々と飛んできた。

f0311082_22043677.jpg
競技場に最後のあいさつ

f0311082_22055348.jpg
3回目。次が本当の最後。

f0311082_22064403.jpg
17時42分、展示飛行終了

競技場内外から湧いた盛大な拍手は機体が見えなくなるまで途切れることは無かった…


また6年後、同じ空で会いましょう。









[PR]
by hnditmkcz | 2014-05-31 22:11 | ぶるつり | Comments(0)

ブルーインパルス 都心を飛ぶ


行ってきましたとも、ブルーインパルス予行

学校が終わってから直で国立競技場に向かい、無事に撮影できました。
f0311082_19320671.jpg
1回目。自身2度目のブルーインパルスはまさかの都心でした。

f0311082_19322363.jpg
1回目の後右旋回して再び上空を通過

f0311082_19324104.jpg
その後4回上空をフライパスして入間に帰っていきました。

明日はいよいよ本番です。23区内の各地にカメラを持った航空ファンが集まると思います(自分含め)。


皆さん是非明日の夕方はカメラを持ってブルーインパルスを撮りに行きましょう!

[PR]
by hnditmkcz | 2014-05-30 19:40 | ぶるつり | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか? ~1学期2講目~

おはようございます?こんにちは?こんばんは? ぶるつりです。

さて今回は「流し撮り、始めませんか? ~1学期2講目~」です。

では前回のおさらい

まず、鉄道の流し撮りの種類は大まかに分けて
・日中で躍動感、スピード感を出す。
・夜間でシャッタースピードが稼げない。
・LED表示器を切らない(横線が入らない)ためにシャッタースピードを落とす。
・ミ ス
の4つ。

そして日中は白飛びに注意すること、白飛びしてしまったら補正ソフトも太刀打ちできません。

では、始めましょう

第2講目「夜間でシャッタースピードが稼げない時の流しを決めるコツ」


夜間、そう夜間。夜間の鉄道撮影は三脚でバルブをするか(ホームでの三脚使用は利用客の迷惑にならないように、駅員に三脚撤収と言われたら即座に三脚を撤収、鉄則です。)、流しを決める、もう諦めるの3択になるのが大半です。

今回は流し撮り記事なので流しの利点を上げる事にしましょうか。もちろん三脚撮影の利点もたくさんありますが、またの機会に。
・急に現れた列車にも対応できる
・躍動感が非常に出る
・三脚いらずなので機動性が高い
・かっこいい(確信


~作例~
f0311082_13524684.jpg
①撮影場所:東急東横線自由が丘駅ホーム SS1/30

f0311082_13525341.jpg
②撮影場所:JR中央線八王子駅ホーム SS1/4
f0311082_13525934.jpg
③撮影場所:東急東横線祐天寺駅ホーム SS1/25

f0311082_13514042.jpg
④撮影場所:東急東横線祐天寺駅ホーム SS1/13

f0311082_14250709.jpg
⑤撮影場所:東急東横線(旧)渋谷駅ホーム SS1/13

<各写真ごとのPOINT>
①ピントが車番に合うようにする。指定点AFを利用するのが吉。
②ピントが顔に合うようにする(この写真は車番に合っている)。指定点AFを利用するのが吉。顔以外は盛大にブラす勢いでカメラを振るべし。
③あらかじめ対象列車(この場合は10005)の通る線路にAFを合わせておく、来たら音で位置を予測しながら(この時シャッターボタンを押してはいけない。なぜならAFが作動してしまうから。)カメラを振り、見えた瞬間からファインダー内で顔が動かないように意識しつつ連写。
④おそらくもっとも多用するのがこのタイプ。ピントが顔に合うようにする。指定点AFを利用して遠くからピントを合わせ続けたほうが良い。
⑤横に流す(←これはド下手)のはピントさえ合えばあとはファインダー内で対象が動かないように気を付ける事。

~POINTまとめ~
・夜間もピントが大事!
・日中とは段違いにSSが遅いのでファインダー内位置は絶対に固定させる!
・そして気合い!
の3つですねー。ISO感度とSSはご自身の腕前と相談して決めてください。

第2回はここまでです。まだ続きますよ!




[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-29 20:00 | ぶるつり | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか? ~1学期1講目~

おはようございます?こんにちは?こんばんは? ぶるつりです。

さて今回はの題名は「流し撮り、始めませんか? ~1学期~」です。
1学期はせっかくなので鉄道の流し撮りで行きましょう。

まず、鉄道の流し撮りの種類は大まかに分けて
・日中で躍動感、スピード感を出す。
・夜間でシャッタースピードが稼げない。
・LED表示器を切らない(横線が入らない)ためにシャッタースピードを落とす。
・ミ ス(おい
の4つですね。


第1講 「日中で躍動感、スピード感を出す方法」

まずは作例
f0311082_22553042.jpg
①撮影場所:東急多摩川線多摩川駅付近踏切 SS1/125

f0311082_23015472.jpg
②JR北海道五稜郭駅ホーム SS1/20

~POINT~
・SSは下げすぎない
 これは夕方以外は背景が白飛びしてしまう可能性が高いから。②のように日が落ちてきた時間は嫌でもドンドンSSは落ちていきます。

・ピントが合っているか
 これはどの場面においても基礎の「き」です。流しの場合「微ブレがピンボケに見える」事が多々ありますがしっかり見 分けられるようにしましょう。

・気合い
 やっぱ(個人的にですが)撮影は気合いですよ。気 合 い !



第1回はここまでです。まだまだ続きますよ!




[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-24 22:31 | ぶるつり | Comments(0)

3QQ3! ~羽田の小さな働き者、最後の一日~


こんばんは、ぶるつりです。
あの1日からはや2日、即日更新の予定でしたが不慮の事故(寝落ち)により今日になってしまった事をお詫びいたします。

3/31は前日の終電で羽田空港入り、現地でメンバーありすと合流して一夜を明かしました。

そして31日のQ3の運行予定は三宅島線1往復のみ。元から火山ガスの影響で欠航率の高い路線でしたから本当に飛ぶのか朝から不安が拭えません。

ラストフライトセレモニーが行われている途中に「搭乗手続き一時中止」のアナウンス、いつも通りならばこの時点で運休確定…
しかし、最終日ってのは本当に面白いですな。なんと2時間15分遅れの14時に羽田に引き返す可能性がある条件付きフライトで出発が発表されました。
f0311082_17243488.jpg
~搭乗中~
ドアクローズ、エンジンスタート
f0311082_00162875.jpg
くるり♪
f0311082_17264616.jpg
そして最後のフライトへ
f0311082_17274165.jpg
行ってらっしゃい!

こうして出発していきましたが、結局引き返してきましたね。それもジャンボの後続、Q3のパイロットさんまさか狙ってたのかな?すべては憶測の域を出ませんがね(笑)
引き返しの到着はジャンボのウォーターキャノンを撮りに行っていたため撮れず、まぁそこらへんはジャンボ記事のときに詳しく


ジャンボも降り、Q3も降りたことでデッキはまったりムード

しかし16時半に事態は一変、突然Q3のペラが回り始めたのです。
くるり♪
f0311082_17322409.jpg
f0311082_17340156.jpg
チカチカ、パイロットさんも手を振っています。
翌日に仙台で遊覧飛行がある事は聞いていましたがまさかの即日フェリーとは。
f0311082_17361375.jpg
もう二度と帰らぬ旅へ
f0311082_17372507.jpg
テイクオフ!34Rから上がるのはD滑走路ができて以来数年ぶりだったかもしれません。
f0311082_17383072.jpg
ギアを上げてこのまますぐに行ってしまうのか…
f0311082_17392368.jpg
f0311082_17393848.jpg
f0311082_17395703.jpg
やってくれました、翼ふりふり
f0311082_17400965.jpg
あぁ、行ってしまった。


ジャンボも盛り上がりましたがQ3はとにかく乗員部の方々がアツい!きっと747とはまた違う特別な思いがあったはずです。
この後2民デッキでは横断幕も披露されました(一眼で写真を撮る余裕が無かったので後日アップいたします)



さて、ここで皆さんに覚えておいて頂きたいのは「羽田空港に民間のプロペラ機が居なくなってしまった。」という事実。羽田飛行場として羽田空港の歴史が始まった当初からほぼ途切れることなく続いていた伝統が完全に途切れてしまった事。これだけは覚えておいてください。

そして4月からは調布空港―三宅島線が新中央航空のドルニエ228によって開設されます。


歴史は移り変わるんです、そして飛行機の宿命である引退は避けることができません。


最後にもう一度「3QQ3!」



[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-02 17:55 | ぶるつり | Comments(0)

もう一つの「最後の土曜日」

どもdm、ぶるつりです。もう一つの「最後の○曜日」も3回目。今日は羽田時代の写真を出していきます。

f0311082_11100498.jpg
JA803K 2012年8月27日撮影。城南島での一枚ですが、ペラ流し忘れてますね(汗
f0311082_11210142.jpg
JA804K 2013年7月21日。この時期はもう残り1機の状態、撮影者もちらほら出てきた頃ですね。

f0311082_11242127.jpg
JA804K 2014年2月3日撮影。なぜか夜に突然スポットを変更、なんだったんでしょうかねぇ…貴重な光景なのは間違いないですが。

こんなもんですかな。次に自分がもう一つの「最後の○曜日」を投稿するときにまた羽田時代の写真をアップしようと思います。




[PR]
by hnditmkcz | 2014-03-29 11:34 | ぶるつり | Comments(0)