カテゴリ:ジョニー( 13 )

飛行機が少ない空港の楽しみ方

ジョニーです。
先月、高知空港に行ってきました。
トラフィックが少ない高知空港。特に14時台は発着便が1便もないほどです。
「そんな空港に取り柄なんてあるの?」
はい、あります。(キリッ
撮影スポットは空港周辺に数多くあります。

たとえば、グランドレベルから撮れるスポット。
f0311082_23001109.jpg
f0311082_23003880.jpg
f0311082_23011833.jpg
水面に写る機体と絡めて撮れるスポット。
f0311082_23023559.jpg
f0311082_23043758.jpg
降りてくる航空機を真下から撮れるスポット。(画像に飛行機は写ってませんが、着陸時はかなりの迫力です。千里川並と言っても過言ではない)
f0311082_23071199.jpg
などなど…。
他にもいっぱいありますが、キリがないのでこれくらいにしときましょう。

羽田でもいろんなところで飛行機は撮れますよね。城南島とか京浜島とか、外周にもスポットはいくらかあるでしょう。
ですが、水面に写る機体との画像とか、グランドレベルの画像となるとどうでしょう。
さすがの羽田でも無理なんじゃないかなぁ…
確かにトラフィックが多けりゃ暇はしません。けど、面白い写真を撮るためには面白いスポットが伴わないと厳しいですよね。
トラフィックは少ないが面白い写真はいくらでも撮れる。それが、地方空港のデメリットであり、メリットなんじゃないかと、僕は思います。
f0311082_23111955.jpg
でももうちょっと飛行機が多かったらなぁ…笑
[PR]
by hnditmkcz | 2013-12-21 23:15 | ジョニー | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか?

ジョニーです。
被写体を固定して背景をあえてブレさせ、画像に躍動感を与える撮影技法を「流し撮り(流し)」といいます。
鉄道や飛行機など、様々なシーンで流し撮り技法が使われているのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
そして、「いつかこんな風に上手に撮ってみたい!」と思う方もいらっしゃるはず。
自分もその一人です。
でも…

空港へ行って、シャッタースピード(SS)を設定して、離着陸する航空機をパシャリ!
…あれ、被写体がブレてる。
結局納得のいく流しはできませんでした、の連続。
ちっとも楽しくありません。
「うまい流しができないんだけどどうしたら…」とお困りの方、いますよね。
そこで今回は、常日頃から流し撮りを行うとある2人に、どうやったら流しがうまくなるか、聞いてみました。
(ちなみに2人とも、このシェアブログの仲間です)

まず1人目。
彼は普段どんな流し画像を撮っているのでしょうか?
特別にいただいたお写真をご紹介しましょう。コチラです!
f0311082_17093004.jpg
高知空港で撮ったという、ANAのボンQ。
SSは1/125。プロペラの流しも相まって、まるでボンQの躍動感が伝わってくるようです。
そんな彼に質問!
Q「流し撮りをする際に心がけていることはなんですか?」
A「なるべく息を吐きながら撮影することです。」
なるほど、リラックスして撮ることが大切なんですね。
Q「流し撮りを初めてする方にアドバイスをお願いします!」
A「とにかく練習あるのみです。頑張って!」
流し撮りで一番大切なことは、数多くの練習とのこと。
当たり前のことですが、初心者がはじめからうまく撮れるなんてありえません(よほどセンスがない限りは)。試行錯誤を重ねながら上達していくのです。
失敗して失敗して、こうでもないああでもないともがきながらもあきらめず続ける。
そして、「これだ!」と思える写真が撮れるようになった時、人は大きく成長するんでしょうね。
なんだかこう考えると、流し撮りって哲学ですね。w

さて、2人目の彼はどんな写真を撮るのでしょうか?
見てみましょう。こちら。
f0311082_17162361.jpg
羽田空港で撮影された、ANAのB787。
SS1/60で撮ったというこの写真も、うまく流せてますよねぇ。
そんな彼に、先ほどと同じような質問をしてみました。
Q「流し撮りをする際の心がけは?」
A「…特にないですねぇ。」
おっ、さすがはプロカメラマン。
慣れてくると、考えなくとも体が勝手に反応するということでしょうか。
A「特に何も考えずに撮ってるからなぁww」

…ゴホン

そんな彼らからのアドバイスを受け、僕も流し撮り!
f0311082_17195550.jpg
…柱じゃまぁぁぁぁぁ!!!!!
羽田の2タミで撮るときは、柱が多くてかぶりやすいということも頭に入れておきましょう。

さて、段々と寒さが厳しくなってきました。
寒さで空港へ行くのをためらいがちですが、冬は澄み渡った青空と飛行機を絡めて撮影できる絶好のシーズンです!
みなさんも空港へ足を運んで、積極的に流し撮りにチャレンジしてみましょう♪

それでは。

[PR]
by hnditmkcz | 2013-11-20 17:27 | ジョニー | Comments(0)

初めまして!

「みんなぁ、よう来てくれたねぇ!
こじゃんと面白いブログやき、まぁ見ていってやー」
さて、これは土佐弁なのですが、何と言っているのでしょうか?
詳しくは記事の最後で。

というわけで、皆様初めまして!ジョニーと申します。
僕が住んでいるのは、四国・高知。
皆さん、「高知」と言われると何を思い浮かべますか?

「坂本龍馬!」あー、確かにそうですよねぇ。でもベタだなぁ。
「カツオのたたき!」ベタ中のベタ。
「ド田舎!」「セブンがない!」「山ばっかり!!」コラコラコラー!!!!(`o´)
でも事実だから否定できません…w
そんな「ド田舎」な県にある空港ってどんなのよ?とお思いのあなた。軽く高知空港についてご紹介しましょう。

高知空港は、高知県の中部、南国市という所にある空港です。
就航都市は、東京・名古屋・大阪・福岡の4都市。
発着数は、1日40便です。
羽田空港の1日の発着数がおよそ800便なので、高知はそれの20分の1ということですね(すくなっ!!)
そんな高知で一番大きな機材は…
f0311082_23465231.jpg

こちら。ANAの東京線に就航しているB767-300です。
…え?これは「中型機」だよって?いやだってこれが一番でかいんですもの。
あ、たまにですが
f0311082_23483871.jpg

シップチェンジでB777-200が来たりもしますよ!!!
「えー、高知はトラフィックも少ないし機材もしょぼいし…なんかつまんないね」と思ったそこのアナタ。
高知が誇るものをお見せしましょう。これだ(1・2・3)
f0311082_23513786.jpg

そう、高知は中四国で唯一のFDAの就航地なのです。
もう一度言います。「高知は中四国で唯一のFDAの就航地」なのです!!!
高知―名古屋(小牧)に就航中のFDA。
現在は1日1往復のみですが、近い将来の増便もあることでしょう。

どうでしょう、ほかにもいろんな魅力がある高知空港。
あなたもぜひいらしてみてはいかがでしょうか。

あ、冒頭の土佐弁、標準語に直すとこんな感じです。
「みんな、よく来てくれたね!
すごく面白いブログだから、まぁ見てってよ!」
他メンバーの記事にもごうご期待!
それでは。
[PR]
by hnditmkcz | 2013-11-05 23:57 | ジョニー | Comments(0)