<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

流し撮り、はじめませんか? ~1学期2講目~

おはようございます?こんにちは?こんばんは? ぶるつりです。

さて今回は「流し撮り、始めませんか? ~1学期2講目~」です。

では前回のおさらい

まず、鉄道の流し撮りの種類は大まかに分けて
・日中で躍動感、スピード感を出す。
・夜間でシャッタースピードが稼げない。
・LED表示器を切らない(横線が入らない)ためにシャッタースピードを落とす。
・ミ ス
の4つ。

そして日中は白飛びに注意すること、白飛びしてしまったら補正ソフトも太刀打ちできません。

では、始めましょう

第2講目「夜間でシャッタースピードが稼げない時の流しを決めるコツ」


夜間、そう夜間。夜間の鉄道撮影は三脚でバルブをするか(ホームでの三脚使用は利用客の迷惑にならないように、駅員に三脚撤収と言われたら即座に三脚を撤収、鉄則です。)、流しを決める、もう諦めるの3択になるのが大半です。

今回は流し撮り記事なので流しの利点を上げる事にしましょうか。もちろん三脚撮影の利点もたくさんありますが、またの機会に。
・急に現れた列車にも対応できる
・躍動感が非常に出る
・三脚いらずなので機動性が高い
・かっこいい(確信


~作例~
f0311082_13524684.jpg
①撮影場所:東急東横線自由が丘駅ホーム SS1/30

f0311082_13525341.jpg
②撮影場所:JR中央線八王子駅ホーム SS1/4
f0311082_13525934.jpg
③撮影場所:東急東横線祐天寺駅ホーム SS1/25

f0311082_13514042.jpg
④撮影場所:東急東横線祐天寺駅ホーム SS1/13

f0311082_14250709.jpg
⑤撮影場所:東急東横線(旧)渋谷駅ホーム SS1/13

<各写真ごとのPOINT>
①ピントが車番に合うようにする。指定点AFを利用するのが吉。
②ピントが顔に合うようにする(この写真は車番に合っている)。指定点AFを利用するのが吉。顔以外は盛大にブラす勢いでカメラを振るべし。
③あらかじめ対象列車(この場合は10005)の通る線路にAFを合わせておく、来たら音で位置を予測しながら(この時シャッターボタンを押してはいけない。なぜならAFが作動してしまうから。)カメラを振り、見えた瞬間からファインダー内で顔が動かないように意識しつつ連写。
④おそらくもっとも多用するのがこのタイプ。ピントが顔に合うようにする。指定点AFを利用して遠くからピントを合わせ続けたほうが良い。
⑤横に流す(←これはド下手)のはピントさえ合えばあとはファインダー内で対象が動かないように気を付ける事。

~POINTまとめ~
・夜間もピントが大事!
・日中とは段違いにSSが遅いのでファインダー内位置は絶対に固定させる!
・そして気合い!
の3つですねー。ISO感度とSSはご自身の腕前と相談して決めてください。

第2回はここまでです。まだ続きますよ!




[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-29 20:00 | ぶるつり | Comments(0)

流し撮り、はじめませんか? ~1学期1講目~

おはようございます?こんにちは?こんばんは? ぶるつりです。

さて今回はの題名は「流し撮り、始めませんか? ~1学期~」です。
1学期はせっかくなので鉄道の流し撮りで行きましょう。

まず、鉄道の流し撮りの種類は大まかに分けて
・日中で躍動感、スピード感を出す。
・夜間でシャッタースピードが稼げない。
・LED表示器を切らない(横線が入らない)ためにシャッタースピードを落とす。
・ミ ス(おい
の4つですね。


第1講 「日中で躍動感、スピード感を出す方法」

まずは作例
f0311082_22553042.jpg
①撮影場所:東急多摩川線多摩川駅付近踏切 SS1/125

f0311082_23015472.jpg
②JR北海道五稜郭駅ホーム SS1/20

~POINT~
・SSは下げすぎない
 これは夕方以外は背景が白飛びしてしまう可能性が高いから。②のように日が落ちてきた時間は嫌でもドンドンSSは落ちていきます。

・ピントが合っているか
 これはどの場面においても基礎の「き」です。流しの場合「微ブレがピンボケに見える」事が多々ありますがしっかり見 分けられるようにしましょう。

・気合い
 やっぱ(個人的にですが)撮影は気合いですよ。気 合 い !



第1回はここまでです。まだまだ続きますよ!




[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-24 22:31 | ぶるつり | Comments(0)

最後の月曜日~B747-481D引退~

去る2014年3月31日…

雲一つない快晴、風が少し強く肌寒いと感じた早朝、私達は羽田の1タミデッキに集合。

そこから徒歩30分ほど歩いて今回の離陸を撮る予定の場所へ行くことに。

彼がいなくなってしまうこの日が遂に来てしまった…

その寂しさを紛らわせるかのように、私達は他愛もない話をしながら目的地に向かいました。



彼がラストフライトに発つ頃、

相変わらず冷たい風は吹いていましたが、春らしい暖かな日の光が差し込んでいました。

そこにジャンボが登場。上がりは34R。

タキシングを終え一息。
f0311082_23080822.jpg


世界一の電波塔がラストフライトを見守ります。
f0311082_23205223.jpg

ジャンボは羽田の空へ、皆が待つ沖縄空港へ、思いっきり飛び立って行きました。いってらっしゃい!



9:00過ぎに離陸したジャンボは15:00頃帰ってきました。

着陸がどこになるかはギリギリまで分からず、私達は2タミデッキ組と408番スポット付近の二手に分かれることに。


こちらは408番スポット付近。放水車が到着を待ちます。
f0311082_16155035.jpg

ゆっくりとジャンボが姿を現します。
f0311082_16162051.jpg



こちらは2タミデッキ。

34Lに降りて408番スポットに入るとなると、ここのデッキからは彼の姿を見ることはできません。

せめてあと一目、走るところが見たい…誘導路を回って欲しい…祈るような気持ちでした。

408番スポットが近付きます……スピードは落ちませんでした。

ジャンボはゆっくりと、胸を張って、真っ直ぐこちらへ進んできました。

沸き上がる歓声と鳴り響くシャッターの音。

737もおかえり、と彼をお迎えです。
f0311082_23094870.jpg

f0311082_23114925.jpg

するとそこにあの日のもう一人の主役、Q300が三宅島から引き返してきて、ジャンボの後にぴったりくっつきます。

もう二度と見ることのできない幻の2ショット…
f0311082_23142801.jpg

ジャンボが私達の前を通り過ぎていきます…

凛として誇らしげなその姿……

シャッター音は鳴り止むことを知りません。
f0311082_23160374.jpg

f0311082_23180029.jpg

f0311082_23195108.jpg

そして何処からともなく拍手が起こり、2タミデッキは暖かい雰囲気に包まれました。


408番スポット付近。

誘導路を回った後、408番スポットに向かうところで帰りを待っていた放水車に迎えられます。
f0311082_17202451.jpg

全身に祝福のシャワーを浴びたジャンボはとても幸せそうでした。


408番スポットに入った後、私達はP3(駐車場)へジャンボの様子を見に。
f0311082_23070578.jpg



その後しばらくしてからジャンボは64番スポットへ移動、そこでセレモニーが行われました。

多くの声に応えて機長さんが非常用ハッチから登場してくださり、展望デッキの人達を沸かせます。
f0311082_16165288.jpg


セレモニーが終わるとジャンボはゆっくりと去って行きました。

社員の皆さんがジャンボにありがとうを伝えます。

私達もシャッターを切ってありがとうを伝えます。
f0311082_16190744.jpg



ジャンボも私達に伝えているようでした。

あの日、あの場所に集まった人に

今まで自分に関わってくれた全ての人に

ありがとう、と。
f0311082_16200041.jpg


この日、一つの時代が終わりを告げました。

たくさんの夢と感動をありがとう。


                   GOOD-BYE JUMBO, AND THANK YOU.

文:るな
写真:ありす、るな、bluetree


[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-13 17:24 | 羽田ベース | Comments(0)

3QQ3! ~羽田の小さな働き者、最後の一日~


こんばんは、ぶるつりです。
あの1日からはや2日、即日更新の予定でしたが不慮の事故(寝落ち)により今日になってしまった事をお詫びいたします。

3/31は前日の終電で羽田空港入り、現地でメンバーありすと合流して一夜を明かしました。

そして31日のQ3の運行予定は三宅島線1往復のみ。元から火山ガスの影響で欠航率の高い路線でしたから本当に飛ぶのか朝から不安が拭えません。

ラストフライトセレモニーが行われている途中に「搭乗手続き一時中止」のアナウンス、いつも通りならばこの時点で運休確定…
しかし、最終日ってのは本当に面白いですな。なんと2時間15分遅れの14時に羽田に引き返す可能性がある条件付きフライトで出発が発表されました。
f0311082_17243488.jpg
~搭乗中~
ドアクローズ、エンジンスタート
f0311082_00162875.jpg
くるり♪
f0311082_17264616.jpg
そして最後のフライトへ
f0311082_17274165.jpg
行ってらっしゃい!

こうして出発していきましたが、結局引き返してきましたね。それもジャンボの後続、Q3のパイロットさんまさか狙ってたのかな?すべては憶測の域を出ませんがね(笑)
引き返しの到着はジャンボのウォーターキャノンを撮りに行っていたため撮れず、まぁそこらへんはジャンボ記事のときに詳しく


ジャンボも降り、Q3も降りたことでデッキはまったりムード

しかし16時半に事態は一変、突然Q3のペラが回り始めたのです。
くるり♪
f0311082_17322409.jpg
f0311082_17340156.jpg
チカチカ、パイロットさんも手を振っています。
翌日に仙台で遊覧飛行がある事は聞いていましたがまさかの即日フェリーとは。
f0311082_17361375.jpg
もう二度と帰らぬ旅へ
f0311082_17372507.jpg
テイクオフ!34Rから上がるのはD滑走路ができて以来数年ぶりだったかもしれません。
f0311082_17383072.jpg
ギアを上げてこのまますぐに行ってしまうのか…
f0311082_17392368.jpg
f0311082_17393848.jpg
f0311082_17395703.jpg
やってくれました、翼ふりふり
f0311082_17400965.jpg
あぁ、行ってしまった。


ジャンボも盛り上がりましたがQ3はとにかく乗員部の方々がアツい!きっと747とはまた違う特別な思いがあったはずです。
この後2民デッキでは横断幕も披露されました(一眼で写真を撮る余裕が無かったので後日アップいたします)



さて、ここで皆さんに覚えておいて頂きたいのは「羽田空港に民間のプロペラ機が居なくなってしまった。」という事実。羽田飛行場として羽田空港の歴史が始まった当初からほぼ途切れることなく続いていた伝統が完全に途切れてしまった事。これだけは覚えておいてください。

そして4月からは調布空港―三宅島線が新中央航空のドルニエ228によって開設されます。


歴史は移り変わるんです、そして飛行機の宿命である引退は避けることができません。


最後にもう一度「3QQ3!」



[PR]
by hnditmkcz | 2014-04-02 17:55 | ぶるつり | Comments(0)