下の記事にあるとおり、場数をこなしていけば ヒット率は上がっていきます。  


夜の流しは撮って、コントラスト、色味だけを弄るだけではノイズ満載の画像になるはずです。  

現像するときにノイズを消す。  そのためにもRAWで撮影すること


後々画像を弄るときにグっと自由度が広がります。  

f0311082_2375040.jpg
 
ss1/8 F3.5? ISO 1600   


手持ちで撮影するにも限界があります。   

ある程度の機材をそろえたなら次は 三脚、ビデオ雲台に手を出してみるのもいいでしょう

マンフロット055XPROB、 501HDV 以上の脚と雲台があれば最初は満足できると思います

三脚は人生で3度買い換える、と誰かが言っていたような気がしますが^^;   

これは手持ちですが焦点距離が(mm数)が増え、機体との距離近いと ss1/125 でもこのように背景が流れます。

f0311082_23194712.jpg


福岡、これも手持ちですね  ちょっと暗いですがw
f0311082_23301928.jpg


f0311082_23325156.jpg

最後に、    ぶれを楽しんで、それさえも作品へと仕上げることは出来ます。 

何も考えていないのでは進歩はありません。  どうやったら止まるか、このssで、いやもしかして、

ブレのなかにも芯があれば、それはimage として見るに耐えるのだと僕は思います
f0311082_23335626.jpg

[PR]
by hnditmkcz | 2013-11-20 23:42 | Douglas [ダグラス] | Comments(0)
<< 海の楽しみ 流し撮り、はじめませんか? >>